医院案内Clinic

院長あいさつ

お子さんからシニアの方まで、皆さんが生涯健康で豊かな生活を送るためのサポートをしていくこと。それが当院の使命であると考えています。
これまで言いたいことが言えなかったり、治療に関する質問ができなかったりした経験をお持ちの方も、多いと思います。
しかし、医師が治療内容を説明せず、患者さんも何をされているのかよくわからないままでは、適切な治療を行うことはできないでしょう。
当院ではそのようなことがないよう、患者さんに今の目の状態や、これから始める治療について、わかりやすく説明をさせていただきます。
どんなことでも気軽に相談でき、頼っていただけるかかりつけ医院として、地域の皆さんと生涯にわたってお付き合いをしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 松島 利明 まつしま としあき

経歴
1971年
東京医科大学卒業
1971年
東京医科大学眼科学教室
1973年
都立広尾病院
1974年
東京医科大学眼科助手
1980年
医療法人立川総合病院眼科医長
1981年
都立大久保病院眼科医長
1987年
都立大塚病院眼科医長
1988年
東京医科大学派遣助教授
1991年
ひたちなか市に松島眼科医院を開設
所属学会など
  • ・医学博士
  • ・日本眼科学会認定眼科専門医
  • ・日本眼科学会会員

副院長ご紹介

院長 松島 千景 まつしま ちかげ

経歴
1997年
東京医科大学卒業
1997年
東京医科大学眼科学教室
1999年
戸田中央総合病院
2005年
東京医科大学眼科助教
2006年
西東京中央総合病院眼科医長
2007年
東京医科大学茨城医療センター助教
2009年
松島眼科医院副院長
所属学会など
  • ・医学博士
  • ・日本眼科学会認定眼科専門医
  • ・日本網膜硝子体学会認定 PDT認定医
  • ・日本眼科学会会員
  • ・日本網膜硝子体学会会員
  • ・日本コンタクトレンズ学会会員

診療案内

一般眼科

眼科診療では、ものもらいや結膜炎、アレルギー治療等はもちろん、眼鏡処方・コンタクト処方、お子さんの目の治療まで、幅広い診療を行っています。
地域の皆さんにとって、丁寧でわかりやすい医療を心がけております。少しでも気になることがありましたら、医師までご遠慮なくご相談ください。

白内障

白内障とは、水晶体というカメラのレンズにあたる部分が白く濁ってしまう病気です。曇ったレンズでは鮮明な写真が撮れないのと同様に、ものが霞んで見え、視力が低下してしまいます。
治療方法は、手術によって人工のレンズを挿入する治療が一般的です。当院では日帰り手術も行っており、手術したその日のうちに帰宅できます。詳しくはお気軽にご相談ください。

緑内障

緑内障は、眼圧により視神経が圧迫されることによって引き起こされます。長い年月をかけて少しずつ進行していくため、気がついたときには視野の半分以上が欠けてしまっていることもあります。 自覚症状がない緑内障は、早期発見・早期治療がとても大切ですので、当院では定期的な受診をおすすめしております。

眼鏡処方

目に合わない眼鏡をつけていると、ただ見えにくいだけでなく、肩こりや頭痛などを引き起こすこともあります。
視力について丁寧に検査し、患者さんの目に適した度数の眼鏡を処方します。
処方箋は眼鏡店へお持ちいただき、適切な眼鏡をご購入ください。

コンタクトレンズ処方(※)

コンタクトレンズはメーカーによって、さまざまな特徴があります。
患者さんのご希望をうかがい、検査結果をもとに、目の状態や年齢に合うコンタクトレンズを処方、またご購入もできます。
コンタクトレンズが初めての方はもちろん、乱視や老眼などで現在お使いのコンタクトレンズが合わなくなってきた方のご相談もお受けしております。
(※ 当院は処方箋だけをお出ししていないので、当院で処方して購入まで行っていただく形になります。)

小児眼科

子供の視力の発達を妨げる斜視・弱視などは、早く発見し、治療を開始することが大切です。
そこで役立つのが、小児眼科による視力検査です。視力検査は3歳位から受けることができます。
少しでも異常を感じたら、小児眼科で視力検査を受けるようにしましょう。

網膜硝子体疾患

硝子体とは、眼球の中のほとんどを占める、透明なゼリー状のものです。この硝子体に異常が起こると、歪んだり暗く見えたり、小さな点が見えたり、視力が低下していきます。
当院ではまず、丁寧な検査と診断、カウンセリングでトラブルの原因をつきとめ、状態に合わせて治療を行います。小さな違和感でも構いませんので、気になることや心配なことも遠慮なくお聞かせください。 詳細については当院へお問い合わせください。

糖尿病眼底検査

眼底疾患が疑われる場合は眼底検査が必要となります。
ひと通りの検査の後、点眼薬を使って散瞳して目の奥を精査いたします。糖尿病の方は、かかりつけの内科さんの糖尿病手帳・血液検査のデータをお持ちください。

近隣の眼科との連携

当院は●●●病院と病診連携体制をとっています。